DIY - easeoff

    iPhone & AppleWatch Dock Charger DIY

    よりよい睡眠をとるためには寝る直前はPCモニタを見ることや、iPhoneを触りながら寝落ちというのを辞めたほうが良いということで、枕元で充電しないように、据え置きのDockチャージャーを作ることにした。
    生活の細かいところを見直すことで健康を意識していきたいもんです。


    ベルキンなどの素敵なデザインのものを買うのもありかなーと思ったけど、ここは自分で作ることに。


    木材の加工自体はそんな手の込んだところはないのだが、ケーブルを固定するのが難しかった。

    iPhone充電ケーブルは先端のLightning端子の部分が大きくないので、最小限の穴をあけて、グルーガンで固定で済むのだけれど、Apple Watch側はWatchとの充電マグネット端子側がでかいので、ドック部分は二枚の板をクランプで固定して、ドリルで穴をあけ、その後にケーブルを挟んでからの固定なので、少し難易度があがりました。


    しかし、うまくいってよかったです。



    実際に充電してる状態がこちら↓


    我ながらかわいいマリンテイストのものができた。
    次は反響を利用した、スピーカー兼用のボックス型のドックをつくりたいです。

    アナログレコードフレーム 額縁DIY

    今日は前から作りたかった12inchアナログレコードの額縁をDIY。 


    テーブルランプのDIYは未だにソケット、電源が気に入ったものが見つからないので一旦保留にしてます。

    もともとDJをやっていたので、だいぶ整理したとはいえ、何枚かまだお気に入りのアナログレコードが残っております。

    基本80年代、90年代のブラックミュージックはジャケがいけてるので、そのまま放置ももったいない。
    ということで、フレーム、額縁を作ってかざってしまおう作戦にでた。


    素材は杉板。
    今回は木材の接合部をちゃんと45度カットしたかったのでこのアイテムを用意した。

    その名もマイターボックス。
    fc2blog_20170123173044976.jpg
    ガイドに手ノコを合わせて切れば、綺麗に45度カットができます。


    しかし刃渡りが狭いと、ノコを引く範囲がせまくなり切るのに時間がかかります。

    これから手ノコを買う方は気持ち長めの選択をオススメします。


    こちらが切り終わったパーツ達。
    フレーム幅は5cm。ちなみにアナログジャケットの縦横幅は31cmです。
    fc2blog_20170123173052fcc.jpg


    45度がちゃんととれているか、合わせてみて、必要であればサンドペーパーで微調整をしていきます。

    fc2blog_20170123173105bfe.jpg
    ボンドを均等にぬり、そのまま接着。
    ずれてこないように、そして接着を正確にさせるために、タッカーを使用。

    ちなみにこのタッカーはダイソーに売ってます。笑
    傷などをつけたくない方は、クランプなど固定しましょう。

    fc2blog_20170123173101a8f.jpg
    fc2blog_20170123173109717.jpg
    fc2blog_20170123173113758.jpg

    まじでこのタッカー重宝します。笑fc2blog_201701231730579fb.jpg


    そんな感じで枠組みができたら、仕上げのテイストを好みに。
    ツヤを出したい方は、サンドペーパーで磨き上げて、ウレタンニス仕上げでもいいでしょう。


    僕は基本的にボロい、使いふるした古材のテイストが好きなので容赦なく、釘やら、ハンマー、ペンキこぼしたり、バーナーであぶったりドS愛情を持っていためつけます。笑


    何もエイジング加工してないものがこちら↓ただの木枠って感じ。
    fc2blog_20170123173116088.jpg
    加工したものがこちら。↓
    fc2blog_20170123172928ad5.jpg


    いい感じにぼろくなってくれた。
    本来表にだすべきでないタッカーの針を「味」として残すことにしました。

    欲をいえば針を錆びさせたい笑あとは、クリアのアクリル版を買ってきて合わせて完成予定です。

    また飾った感じ報告します。

    テーブルランプ DIY

    次のDIYのターゲットが決まった。
    以前拾ってきた流木の中でバームクーヘンのような
    ユニークな形があったので、
    テーブルランプを作成しようと思う。

    くり抜いて、ソケット入れて作ろうと考え中です。
    照明自体を不規則に灯すようにするか、
    裸電球式にするか、、
    お楽しみにです。

    流木ランプ DIY

    今日は流木ランプのDIYをご紹介。

    我が家は夫婦揃って西海岸風、サーフテイストの家が
    好きで(サーファーでもなんでもないし、西海岸でもなく茨城在住ww)

    家を建てる時にも照明やら家具やらそういったテイストのものをチョイスをしてきました。
    しかし、照明を選んでる際に好みのものがなく、


    自分達で創ることに。


    実はDIY好きに火がついたのはここから。

    自分好みのものを安くできるのがさいこーです。
    まず材料集め。

    ①流木を手頃のサイズでまず探し用意。
    海岸に探しにも行ったが、さすがにサイズ的に良いものがなく今回はネットで探して購入。

    ②今回はロープでまかれたランプにしかったので、
    照明パーツはIKEAの三叉のシンプルなランプを。
    (もう廃盤になっちゃった)

    ロープは手頃な細さの物でグルーガンつけながら巻き巻き。これが手がマジで疲れる:)
    嫁の弟が大活躍:)

    ③ランプ自体はエジソンランプが好みなので
    Siphonのエジソンランプをチョイス。

    ④装飾用のロープと麻紐をホームセンターにて。
    これがすべての材料です。


    完成がこちら!
    だいぶ雰囲気よく仕上げることができました!



    実質LEDのエジソンランプ以外はホームセンターとか、ネットで安くゲットできます。流木に関しては海岸で手頃なものがあればそれは無料で済みなおかつ、自分で拾いにいったぶん愛着がわきます。
    ぜひトライしてみてください♫





    ヘリンボーン ローテーブル DIY

    こんにちわ。
    今日はOFF。
    ここ最近制作しているものをご紹介します。
    昨年一軒家を建てた際にリビングのソファー前に配置するローテーブルを作成しました。
    作成といってもドラムロールを電気屋さんから頂いてきて
    サンダーで削り、塗装をしなおした極めてシンプルなもの。
    それがこちら

    リモコン収納をあと付け。
    IMG_2458.jpg
    頂いてきた直後。汚れや塗装もボロボロ。
    IMG_2455.jpg
    ちょっとアクの強いアイテムだったので、ここらで新しくローテーブルを作成することにしました。
    今回はヘリンボーンを施した天板をつけたローテーブルを作成計画。
    途中経過などを載せていきます。
    今回は余った木材(杉/合板)の組み合わせで作成予定。
    素材も今後は色々勉強したいなぁ。
    ではスタート!
    素材を用意したら大枠の構成をかんがえるために土台の天板に配置してイメージを創る。
    IMG_2452.jpg
    続いてヘリンボーン部分の着色。
    今回はBriwaxと、バーナーで味付け。
    IMG_2453.jpg
    この際に土台と、ヘリンボーンの板の裏に番号を振っておくと、バラした後も配置がわからなくなることが防げます。
    IMG_2451.jpg
    組み立て。寸法を合わせボンドで接着。天板から余った木材をカット。
    IMG_2449.jpg
    ここまでくると形が見えてくるのでテンションがあがってきます。:)
    続いて、枠組みをつくります。
    天板にあたる合板と、ヘリンボーンの部分を覆える高さにカットし、組み立てます。
    今回はやらなかったけど、枠組みを90度の垂直で組むより、
    45度でカットして枠組みしたほうが高級感はでるかと思います。
    IMG_2459.jpg
    組み立てたあとはしっかりとヘリンボーンの隙間に木工パテで穴埋めをしていき、
    乾いたら、サンダーなどで凹凸をなくすように、まんべんなく均します。
    そしてバーナーや、Briwaxを重ねたり、傷をあえてつけ、古材を使っているような
    雰囲気を創っていき、デティールを調整していきます。
    そしてニス塗り。
    テーブルなので、水気にも強くするため、今回はウレタンニスをチョイス。
    何度か時間をあけて重ね塗りしたのがこちら。
    IMG_2447.jpg
    つやがですぎているので、仕上げ前に吸着の向上も兼ねて一度、目の細かいヤスリで削ります。
    そしてまたさらに全体にウレタンニス。
    IMG_2473.jpg
    IMG_2472.jpg
    全体に施したエイジング加工がニスで仕上げることでより、リアルな質感になってきます。
    IMG_2470.jpg
    IMG_2471.jpg
    天板はこれで完成。
    あとは脚をアイアンにするか、木枠にするかまだ検討中です:)
    また完成したら報告いたします:)

















    続きを読む